子どもが背泳ぎの進級テストに落ちてしまう主な理由

背面キック

子どもがスイミングで背泳ぎの進級テストに落ちてしまう主な理由は、

  • 腰が落ちてしまっている
  • 足首をつかってバタ足ができていない

これらではないでしょうか。

 

スイミングの進級テスト表を見て、子どもが出来ていないことが分かっても、背泳ぎの指導の仕方が分からなければアドバイスをすることができないですよね。

 

この記事を最後まで読むことで、親が子どもに背泳ぎを教えるときのコツが分かりますので、是非参考にしてください。

子どもに背泳ぎを教えるときの3つのコツ|足腰が沈まないための練習方法

背泳ぎ

親が子どもに背泳ぎを教えるときのコツは、

  1. 足腰が沈まないためのキックの練習方法
  2. 腕を回すときの補助の仕方
  3. スタートを怖がる場合の対処法

これらになります。

 

背泳ぎはクロールと違い、頭を上に向けて泳ぐので、子どもは「キックをしながら腰を浮かせようとすると頭が沈んで怖い」と思うことがあります。

子どもが怖いと思っている状態で、ヘルパーや親の補助なしで練習をしてしまっては、背泳ぎを泳ぐことに対して恐怖心が生まれてしまうかもしれません。

恐怖心が生まれないためにも、積極的にヘルパーや親が子どもを補助しながら楽しく練習していきましょう。

背泳ぎの指導法①足腰が沈まないためにキックのコツを掴もう

水中ウォーキング

背泳ぎはキックのやり方次第で、浮くことも沈むこともできます。

足腰が沈んでしまう理由は、背面キックをするとき足首をうまくつかえていないからです。

背面キックをするとき足首をうまくつかうためには、足先が水面からでるように蹴らなければなりません。

 

足先が水面から出るように蹴るためには、

  1. ヘルパーをつけた状態で、親が補助して背泳ぎをする
  2. ヘルパーをなくして、親の補助だけで背泳ぎをする
  3. 一人で背泳ぎをする

この順番で、背泳ぎの練習をしてみてください。

 

補助をするときのポイントは、親が子どもの頭を支えながら「足先が水面からでるようにキックするんだよ」と声をかけてあげることです。

足先から水面が出るようにキックすると、前に進めない場合は「背面キックを練習するときの3つのコツ【親が泳ぎ方を指導】するために」こちらの記事を参考に、膝から下ではなく太ももから背面キックをする練習をしていきましょう。

 

スイスイコーチスイスイコーチ

背面キックが上手く出来なければ、背泳ぎを泳ぐことは出来ません。

背泳ぎを泳げるようになるためにも、子どもと背面キックを練習するときのコツを掴んでほしいです。

背泳ぎの指導法②子ども(初心者)の頭を補助しながら『腕の回し方』を練習をする

背泳ぎ

子どもに背泳ぎの腕を回し方を指導するときは、

  1. 水から手を出すときは手を外側に向ける
  2. 入水するときは、できるだけ小指から入るようにする
  3. 入水したら、太ももを触り、水から手をだす
  4. 目線は真上を向いている

これらができているか、親は子どもの頭の後ろに立ちながら補助をして確認していきましょう。

 

入水の時に小指からエントリーするのが良いと言われていますが、子供はやり易いからと親指から入水しています。 実際のところ、速く泳ぐためにはやはり小指からの入水の方が良いのでしょうか。

こんにちは。ミズノチームの寺川綾です。必ず小指からの入水じゃないといけないということではありません。なのでお子様のやりやすい方で泳げた方が良いかと思います。

引用:Mizuno

 

補助をするときのポイントは1、2、3、4と子どもが出来てない場合は『一度手を回すのをやめて口頭で出来てないところを伝えていく』ことです。

口頭で出来てないところを伝えながら、粘り強く、練習していきましょう。

背泳ぎの指導法③子どもが背泳ぎのスタートを『鼻に水が入る』と怖がる場合は、親が子どもの横に立ち補助をしよう

スタート

スイミングのインストラクターをしていると、子どもが鼻に水が入るのを恐れ、背泳ぎのスタートを怖がるケースを見ることがあります。

子どもが背泳ぎのスタートを怖がる場合は、親が子どもの横に立ち左手を頭、右手を腰に当てて補助をしてみてください。

 

補助をするときのポイントは、子どもに「横にいるから大丈夫だよ」と声を掛け、子どものスタートに合わせて補助をしてあげることです。

ただし、どうしても怖がる場合は無理にスタートすることなく、背面キックの姿勢で壁を蹴ってスタートしていきましょう。

家で出来る『背面キックで足首を使う』練習方法

「足先だけ力を抜いてキックをするんだよ」

子どもに限らず、大人でも足首の力を抜いてキックをする感覚を掴むのは難しいですよね。

足首の力を抜いてキックをする感覚は、自宅でも養うことができます。

 

自宅で練習する方法は、

  • 長座体前屈の姿勢で座る
  • 子どもの足の上に、親は手をやる
  • 親の手を目掛けて、親指と親指がくっつくイメージでキックをする

これらになり、親は『膝から下だけのキックになっていないか(太もも揺れているか)』を確認するようにしていきましょう。

 

スイスイコーチスイスイコーチ

自宅で練習する場合は、水泳に対するモチベーションが下がらないためにも、子どもから「やってみたい」と興味を示してきたときにするようにしてください。

子どもがスイミングで『腰が沈まない背泳ぎ』を泳げるようになるために親子で練習しよう

練習

子どもがスイミングの進級テストで、背泳ぎを合格するためには、

  • 腰が落ちてしまっている
  • 足首をつかってバタ足ができていない

これらを出来るようにならなければなりません。

 

背泳ぎの泳ぎ方に限らず、水泳は週に1回より2回、2回より3回と練習回数が多いほど、泳ぎの感覚を掴むことができます。

子どもが通っているスイミングスクールの回数を増やすのも一つの手ですが、それでは月謝が増えてしまいますよね。

 

泳ぐ目的が『進級テストを合格する』ためなのであれば、親が泳ぎ方を教えるコツを掴みながら練習することでも補うことができますので、是非『子どもに背泳ぎを教えるときの3つのコツ』を参考に親子で練習してみてください。

おわりに:背泳ぎの進級テストに合格して水泳を楽しもう

推薦

親が子どもに背泳ぎを教えるときの3つのコツは、

  1. 足腰が沈まないためのキックの練習方法
  2. 腕を回すときの補助の仕方
  3. スタートを怖がる場合の対処法

これらになります。

 

子どもが背泳ぎを泳げるようになることで、残りの四泳法は平泳ぎとバタフライになるのではないでしょうか。

平泳ぎとバタフライを泳げるようになることで、タイムトライアルに挑戦することができます。

タイムトライアルになると、子どもの泳ぐ目的は『速く泳ぐ』こと変わり、水泳選手の第一歩が始まりますので、是非背泳ぎを習得して『タイムトライアル』に挑戦して水泳を楽しんでいきましょう。