水泳(スイミング)背泳ぎの泳ぎ方のコツを掴むために

背泳ぎ 泳ぎ方

背泳ぎの泳ぎ方は主に、手や腕の回し方、沈むのを防ぐためのキックの基本動作に分解することができます。

いくら水泳初心者や子どもが背泳ぎを泳げるようになりたいと思っても、この動作のどれか1つでも欠けたら上手く泳ぐことはできません。

また背泳ぎのコツやポイントを掴んで、子どもがスイミングスクール(コナミなど)の進級テストに合格するため動画で研究したり、上手くなるための練習とゆっくり&速く泳ぐための練習は別物であると認識しておくことも大切です。

 

この記事では背泳ぎのコツを掴めるようになるためにも、

  1. 背泳ぎの泳ぎ方の基本
  2. 背泳ぎのコツを学べる動画
  3. 種類別の背泳ぎのコツ
  4. ゆっくり泳ぐ&速く泳ぐコツ
  5. 小学生や水泳初心者に背泳ぎの泳ぎ方を指導するコツ

これらをご紹介していきますので是非参考にしてください。

背泳ぎの泳ぎ方のポイント

背泳ぎ タイム

背泳ぎの泳ぎ方とポイント

  1. 手と腕の動き
  2. 沈むのを防ぎ浮くためのキック
  3. 息継ぎ

背泳ぎの泳ぎ方のポイント①手(ストローク)と腕の動き

背泳ぎの手の動きは、

  1. ストレートプル(頭の横に腕が入水したら、ももをなぞるように水をかく)
  2. S字プル(頭の横に腕が入水したら、S字を描くように水をかく)

この2種類に分けることができ、水泳初心者や子どもはストレートプルをおすすめします。

 

その理由はストレートプルはS字プルに比べ『ももをなぞるようにかく』と自分の身体を基準にできるため、頭で意識しやすく、泳ぎを習得しやすいからです。

背泳ぎの泳ぎ方のポイント②沈むのを防ぎ浮くためのキック

背泳ぎのキックは主に足の甲や裏でキックをするので、これらの箇所で水を蹴れない『げたばきキック』にならないよう注意するのがポイントになります。

また足先が水面からでると腰が沈んでしまうので、足先が水面からでるようなら、

  • ヘルパーをつける
  • ビート板を抱えて、背面キックだけの練習をする

これらの方法で沈まないように補助していきましょう。

背泳ぎの泳ぎ方のポイント③息継ぎ(呼吸)のやり方

背泳ぎは主に上向きで泳ぐので、息継ぎに困ることはありません。

ただいくら困らないといっても、水泳初心者や子どもで良くあるのが顎を引きすぎて、腰が下がり体が沈んでしまうということなので、それを防ぐためにも顎を引きすぎることなく目線を真上に向けていきましょう。

背泳ぎの泳ぎ方のコツを動画(映像)で研究しよう

背泳ぎの泳ぎ方をスピード社が開発した動画でみてみてください。

動画を見ることで、頭のなかで動きをイメージしながら練習することができ、泳ぎながら動きをイメージするか否かで同じ練習をしてても差がつくので是非参考にしてください。

【種類別】背泳ぎの泳ぎ方のコツとポイント

背泳ぎ

種類別背泳ぎの泳ぎ方のコツとポイント

  1. グライドキック 
  2. バサロキック
  3. ヘッドアップ
  4. ターン
  5. 飛び込み

背泳ぎのコツとポイント①グライドキック

背泳ぎのグライドキックのコツは

  1. スタートするときに姿勢を作る
  2. グライドキックをしているとき、目線は真上をみる
  3. 足の甲で水を捉える

これらになります。

 

グライドキックを習得する=ストリームラインを覚え、水の抵抗を少なくする泳ぎ方ができるということです。

背泳ぎのコツとポイント②バサロキック

バサロキックは主に足だけで打つのではなく、お腹、太ももを連動させて打つのがポイントです。

その理由は足だけで打っても、水の中をうまく進むことができず、すぐに浮上してしまうからになります。

お腹、太ももを連動させて打つためにも、体の前後に壁を作り、その壁を押し返すイメージでキックをしていきましょう。

背泳ぎのバサロキックはどのくらいの距離まで打てばいいのか

バサロキックをするなら、長く打つことを意識するのではなく、飛び込んでからMAXスピードを維持できる距離まで打つのがポイントです。

長く打つことを意識することで、背泳ぎのタイムが遅くなっては本末転倒になるので、バサロキックをするならスピードが維持できる距離までにしていきましょう。

背泳ぎのコツとポイント③ヘッドアップ

ヘッドアップ背泳ぎは主に頭を上げるので足が沈みやすくなります。

足が沈むのを防ぐためには、水中から手を出す位置をいつもより半分程度前でだすようにしていきましょう。

また、ヘッドアップ背泳ぎ で沈まないためにも水中に手を入れたら真下にかくのではなく、斜め横の位置にかくこともポイントになります。

背泳ぎのコツとポイント④ターン

背泳ぎのターン

  1. クイックターン
  2. タッチターン

背泳ぎのターン①クイックターン

クイックターンは主にクロールや背泳ぎのときに行う、手をつかずに回転し壁に足をつけるターンのことです。

クイックターンをするうえで、まずポイントになるのがターンをしたとき鼻に水が入らないようにすることになります。

鼻に水が入る方は水中で鼻からブクブク(ボビング)ができてないので、まず水中で鼻から息を吐けるようにしていきましょう。

背泳ぎのクイックターンのコツを動画でチェック

背泳ぎのターン②タッチターン

タッチターンは主に四泳法すべてで使える、壁をタッチして足をつくターンのことです。

壁をタッチするときクロールと背泳ぎは片手、平泳ぎとバタフライは両手でタッチを行います。

 

またクロールのタッチターンは上手くできるのに、背泳ぎのターンができない場合は、

  1. 壁にタッチしたとき肘を緩めながら体を横向きにできているか
  2. 5メートルの旗から、手のかき数はあっているか

この2点に注意してみてください。

背泳ぎのコツとポイント④飛び込み

背泳ぎの飛び込みを練習するときは、

  1. 飛び込む前にイメージトレーニング
  2. 飛び込み台を掴んだら目線はやや斜め上
  3. 飛び込み台を蹴るときは斜め上に蹴る
  4. 水中に入ったらバサロキックを打つ

この4つのコツを意識することで、綺麗に飛距離をだせる飛び込みができるようになります。

 

また飛び込みしたときにゴーグルが外れてしまう場合は、キャップの上からゴーグルをするのではなく、ゴーグルをしてからキャップを被ってみてください。

初めはゴーグルをしてからキャップをすることに違和感を感じるけど、大分ゴーグルが外れにくくなるから是非試してほしいです。

飛び込みのコツについては下記の記事に、背泳ぎ以外のクラブスタート(両足揃い)とクラウチングスタート(片足下げる)どちらの方が良いのか、飛び込み練習するときの注意点、競泳の飛び込み練習方法がまとめてあるので是非参考にしてください。

 

【背泳ぎの泳ぎ方】ゆっくり(ロングディスタンス)長く泳ぐコツ

背泳ぎ 泳ぎ方

背泳ぎをゆっくり泳ぐためには、泳ぎの一部を重点的に練習するドリル練習で、

  • 水の抵抗を減らす
  • 疲れない泳ぎ方のコツを掴み、ハードな練習に反映させる準備をする

これらをしていきましょう。

背泳ぎをゆっくり長く泳ぐコツを掴むためのドリル練習【水泳選手時代の体験談】

スイスイコーチスイスイコーチ

背泳ぎをゆっくり長く泳げるようになるために、わたしが水泳選手のときに実践していたドリル練習を紹介するから、是非参考にしてね!

 

  1. 小指から入水して肘を曲げずに水をかく(体の軸と手の動きを連動させる、肩甲骨の動きを意識)
  2. 片手背泳ぎ(水をキャッチする感覚を掴む)
  3. 回さない腕を頭上に上げて片手背泳ぎ(体のバランスを維持する、まっすぐ泳ぐ)
  4. 両手を回す(左右の手のバランスを確認)
  5. 両手を上に上げる(ストリームラインを意識、体の軸を作る)
  6. 顔あげ背泳ぎ(ストロークを速くする)

 

 

【背泳ぎの泳ぎ方】速く泳ぐコツ

背泳ぎ

背泳ぎを速く泳ぐためには、

  1. 腕や手の動かし方
  2. キックが速くなるため足首を柔らかくする
  3. バサロキックを使う
  4. 左右対称に泳ぐ

この4つのコツを押さえながら練習していくことが必要です。

 

4つのコツを練習に取り入れるポイントについては『【背泳ぎを速く泳ぐための4つのコツ】練習メニューと筋トレ方法』こちらの記事にまとめてあるので、泳ぐのを速くなりたい水泳選手は併せて参考にしていきましょう。

 

A.手の回転があがりません。 テンポをあげるにはどうしたらあがりますか?
Q.こんにちは。ミズノチームの寺川綾です。テンポを上げるには、水を捉える時のパワーが必要です。腕だけではなく、広背筋もしっかり意識して使えてくるとパワーが発揮しやすいと思います。
しかし、テンポを上げる前に1かき1かき丁寧に確実にかく事もとても大切だと思います。しっかり水を捉えられると、感覚が重く感じたりすると思うので、その水をしっかる最後までかく事ができると推進力が生まれます。
引用:ミズノ

小学生や水泳初心者に背泳ぎの泳ぎ方(綺麗に泳ぐ)を指導説明するコツと練習方法

練習

水泳初心者や子供がバタフライのコツを掴むために、

  1. 足腰が沈まないためのキックの練習方法
  2. 腕を回すときの補助の仕方
  3. スタートを怖がる場合の対処法

この4つの練習を取り入れることをおすすめします。

 

下記の記事にこの4つの練習方法をまとめてあるので、水泳初心者&子供にバタフライを指導したい親御さん、水泳の練習メニューの幅を増やしたい水泳選手の方は是非併せて読んでみてください。

 

おわりに:背泳ぎの泳ぎ方まとめ

背泳ぎ最後に背泳ぎのコツをまとめると、

  1. キック:足の裏で水をける
  2. 手と腕の回し方:太ももをなぞるようにストレートプルで練習
  3. 息継ぎ:顎を引きすぐることなく、目線は真上

これらになります。

 

背泳ぎの泳ぎ方のコツを掴んだら、次は平均タイムを知っていきましょう。

平均タイムを知ることで、水泳選手であれば『次の大会で目指すタイムの目標』ができますし、水泳選手でなくても、このくらいのタイムが平均なんだと知ることでモチベーションを向上することができますからね。