背泳ぎを速く泳ぐために練習で意識したいこと

背泳ぎが速くなるために頭で考えながら練習するのと、何も考えずに練習するのとでは同じ練習をしていても大きな差がうまれます。

頭で考えながら練習するためには、背泳ぎを速く泳ぐためのコツを知らなければなりません。

 

この記事を最後まで読むことで、

  • 背泳ぎを速く泳ぐためのコツ
  • 背泳ぎが速くなるための筋トレ方法

これらが分かりますので、是非参考にしてください。

背泳ぎを速く泳ぐための4つのコツ

背泳ぎを速く泳ぐためには、

  1. 腕や手の動かし方
  2. キックが速くなるため足首を柔らかくする
  3. バサロキックを使う
  4. 左右対称に泳ぐ

これら4つのコツを掴む必要があります。

 

背泳ぎを速く泳ぐためには、泳いでいるとき足腰が沈んでないことは前提条件になります。

泳いでいるとき足腰が沈んでしまうのであれば「【子供への背泳ぎ教え方3つのコツ】足や腰が沈まない!腕の回し方の練習法」こちらの記事を参考に腕の回し方やキックのやり方を練習してみてください。

背泳ぎが速くなるコツ①手を入れるときの入水ポイントや動かし方

背泳ぎ

背泳ぎの手が入水するとき、耳の横にしっかり入水できていないと水をキャッチして押し出せる量が減ってしまうのをご存知でしょうか。

手が耳の横に入水できない主な原因が、肩や肩甲骨周りの固さが原因です。

肩周りの可動域を広げるために、泳ぐまえに肩周りのストレッチをしてみてください。

 

また背泳ぎを速く泳ぐためには腕を一定の速さで回すのではなく、緩急をつけて回すことが重要になります。

緩急をつけて回すとは手が入水してから水を捉えるときに比べ、最後のプッシュ動作を速くするということです。

最後のプッシュ動作を速くすることにより、水をかききることができるので腕を一定の速さで回しているのであれば緩急をつけていきましょう。

 

A.手の回転があがりません。 テンポをあげるにはどうしたらあがりますか?
Q.こんにちは。ミズノチームの寺川綾です。テンポを上げるには、水を捉える時のパワーが必要です。腕だけではなく、広背筋もしっかり意識して使えてくるとパワーが発揮しやすいと思います。
しかし、テンポを上げる前に1かき1かき丁寧に確実にかく事もとても大切だと思います。しっかり水を捉えられると、感覚が重く感じたりすると思うので、その水をしっかる最後までかく事ができると推進力が生まれます。
引用:ミズノ

背泳ぎが速くなるコツ②キックが速くたるために足首を柔らかくしよう

水中ウォーキング

背泳ぎのキックが速くなるためには、足首の柔軟性が大切です。

足首の柔軟性がなければ水を蹴るときに足首が曲がってしまい、足の甲や裏で水を蹴ることができません。

足の甲や裏で水を蹴れないキックは『げたばきキック』と言われ、ダメなキックの代表例になります。

 

足の裏や甲で水を蹴るためにも、10秒〜20秒かけて、

  • 正座の姿勢になり足首をストレッチ
  • 正座の姿勢で背中をつけることができるのであれば、背中をつける

これらのストレッチを、練習の前後にしていきましょう。

背泳ぎが速くなるコツ③バサロキックを使いこなす

「背泳ぎはバサロキックを長くできた方が速くなりますか」

水泳のインストラクターをしていると、このような質問を受けることがあります。

結論からいうと、必ずしも長くできた方が速くなるわけではありません。

 

その理由はスタートをしたときの勢いを利用せず、ただバサロキックを長くうつだけでは、速く泳ぐことに繋がらないからになります。

背泳ぎを速く泳ぐためにも、最大限にスタートのスピードを利用できるところまでバサロキックをしていきましょう。

 

A.バックのバサロを長く打つコツを教えて下さい。
Q.こんにちは。ミズノブランドアンバサダーの大橋です。足で打たずに胸から打ちましょう。胸から打つときも、体を柔らかくしならせるというよりは、体の前後に壁を作って体全体で前後の壁を押し返すようなイメージで打ちましょう。
長く打つ必要はなく、速いスピードが維持できるところまで潜るようにしたほうが、トータル的には速いかもしれません。
引用:ミズノ

背泳ぎが速くなるコツ④体の中心を軸に左右対称に泳ぐために『おでこの上にペットボトル』を置けるようになる

背泳ぎの選手は手を回したときに頭が一緒に動いてしまい、体の中心を軸に左右対称に泳げてないことが多いです。

体の中心を軸に左右対称に泳げているかは練習しているときに真っ直ぐ泳げているか、水をかくときにどちらか一方の手だけ強くかいていないかでわかります。

 

左右対称に泳ぐことができ且つ体幹が強いと『おでこの上にペットボトル』を置いて練習することができるようになるので、この練習ができるように泳ぎのバランスを意識していきましょう。

【ロンドンオリンピック銀メダリスト入江選手の動画】

出典:https://www.youtube.com/watch?v=HN0YYWeZH44

 

背泳ぎを速く泳ぐコツを知ったら次は腕や手足、息継ぎのポイントを見直して見ませんか?

これら基本動作のポイントを見直すことで、背泳ぎを練習するとき頭で考えて泳ぐことができる幅が広がるので是非併せて参考にしてください!

 

 

背泳ぎが速くなるための筋トレ(体幹トレーニング)方法

背泳ぎにを速くなるためには、肩甲骨を意識しながら水の入ったペットボトルを持って、

  • 手を前に出して左右に大きく(180度目安)振る
  • 手を前に出して上下に大きく(90度目安)振る

これらのトレーニングをすることで、肩の可動域を広げキャッチする力を強めることができます。

 

背泳ぎに限らず速く泳げるようになるために、腕立て伏せの姿勢で肘をつき体を地面と並行にして60秒間キープする体幹トレーニングを取り入れることもポイントです。

また背泳ぎを速くなるために筋トレ&練習後にプロテイン飲むなら、

  • スプーン1杯で約18 gの良質なプロテイン補給
  • トレーニングには不要な香料や甘味料は不使用
  • 日本国内の工場で作られているから安心!11種類のフレーバーで従来のプロテインのイメージを覆す飲みやすさ
  • 【アマゾン評価】他のプロテインに比べ高単価ながら100人以上の投稿⭐⭐⭐⭐

これらの特徴があるホエイプロテインをトレーニング後45分以内に飲む(タンパク質やビタミン、ミネラルの吸収が良い)ことをおすすめするので是非参考にしてみて下さい!

 

A.背泳ぎを速く泳ぐ為のトレーニングは何がありますか?また水泳全般に効果的なトレーニング方法が有れば教えてください。
Q.こんにちは。ミズノスイムチームの寺川綾です。背泳ぎに限らず体幹トレーニングはしっかり行った方が良いかと思います。怪我を予防する為にも、練習前後のストレッチも大切です。チューブを使用したインナーの筋肉を補強するトレーニングも行っていました。
引用:ミズノ

背泳ぎが速くなるコツを取り入れて練習をしよう

スイミング

背泳ぎが速くなるためには、背泳ぎが速くなるコツを意識しながら継続して練習することは必須になりますので、できれば週に4回以上は泳いでほしいです。

 

選手コースでなく練習メニューにを考えなければならない、子どもに指導する場合は、

  • 足首と肩周りのストレッチ
  • 25×8回45秒サークル(行きは12,5mずつ片手背泳ぎ、帰りは両手背泳ぎ)→入水ポイントや手の動かし方を確認
  • 25×8回45秒サークルでおでこの上にペットボトルを置く→泳ぎのバランスを整える
  • 25×8回50秒サークル(行きはハード、帰りはイージ)→飛び込みの勢いを利用してのバサロキックの確認

これらを参考にして練習メニューに取り入れてみてください。

 

サークルや本数は自身のレベルに合わせて調整してください。25mでなく50mにしても構いません。

おわりに:スイミングで背泳ぎを0,1秒でも速くなるために

背面キック

背泳ぎを0,1秒でも速く泳ぐためには、闇雲に練習するのではなく、

  1. 腕や手の動かし方
  2. キックが速くなるため足首を柔らかくする
  3. バサロキックを使う
  4. 左右対称に泳ぐ

これらを意識しながら練習していきましょう。

 

背泳ぎを速くなるための練習は、辛いですよね。

ですか『ベストタイムを更新』する目標を叶えるためにも、練習を頑張っていきましょう。