水泳(スイミング)平泳ぎの泳ぎ方のコツを掴むために

平泳ぎ 泳ぎ方

平泳ぎの泳ぎ方は主に、手や足の動かし方、息継ぎ、リカバリー、ひとかきひとけりの基本動作に分解することができます。

いくら水泳初心者や子どもが平泳ぎを泳げるようになりたいと思っても、この動作のどれか1つでも欠けたら上手く泳ぐことはできません。

また平泳ぎのコツやポイントを掴むために動画で研究したり、上手くなるための練習とゆっくり&速く泳ぐための練習は別物であると認識しておくことも大切です。

 

この記事では平泳ぎのコツを掴めるようになるためにも、

  1. 平泳ぎの泳ぎ方の基本
  2. 平泳ぎのコツを学べる動画
  3. 種類別平泳ぎのコツ
  4. ゆっくり泳ぐ&速く泳ぐコツ
  5. 小学生や水泳初心者に平泳ぎの泳ぎ方を指導するコツ

これらをご紹介していきますので是非参考にしてください。

平泳ぎの泳ぎ方の基本とコツ

平泳ぎ タイム

平泳ぎの基本の泳ぎ方とポイント

  1. 手と腕の動き
  2. 足の動き
  3. 息継ぎ
  4. リカバリー
  5. ひとかきひとけり

平泳ぎの泳ぎ方とコツ①手(ストローク)と腕の動き

平泳ぎの手の動きは主に、

  1. 両手は肘を伸ばし肩幅程度に広げる
  2. 両手で円をえがきながら(親指が下、小指が上になるように)水をかき、胸の前で手と手を合わせる
  3. 胸の前で手と手を合わせたとき、顔をあげて息継ぎをする
  4. 両手を前に伸ばしながら顔を入れる
  5. ストリームラインを作り、蹴伸びの姿勢を作る

この5ステップに分けることができ、まずは水中のなかではなく陸上で練習するのがコツになります。

 

いきなり水中で平泳ぎを泳いでみて、上手くいかない場合は、陸上で5ステップの練習をした後、水中で練習するようにしていきましょう。

平泳ぎの泳ぎ方とコツ②足の動き

平泳ぎで前に進むためには、足の裏で水を捉えてキックをする必要があるので、

  1. 足の指を丸めないようにする
  2. 体に足を引きつけすぎない

この2点に気をつけ、平泳ぎのキックでお尻が下がらないためにも、顔(目線)を真下に向ける、両肘の間に顔を入れ、指先を上に向けないこれらを意識していきましょう。

平泳ぎの泳ぎ方とコツ③手と足のタイミングを合わせながら息継ぎ(呼吸)する

平泳ぎの腕と足ができるようになったら、足と手のタイミングを合わせて息継ぎをしていきましょう。

このときのポイントは足と手を同時に出してしまったら呼吸をすることができないので、

  1. 手をかいて呼吸
  2. 足でキックして、蹴伸びの姿勢で伸びる

この動作を交互にすることです。

 

平泳ぎは、手と足の動作を交互に行い、両方の推進力によって進んでいきます。

両方を同時に動かすと、水の抵抗を受けやすくなってしまいますので、足が終わったら手、手が終わったら足を動かして、効率よく前へ進みましょう。

引用:コナミ

平泳ぎの泳ぎ方とコツ④リカバリー

平泳ぎは息継ぎが終わった後、手を前に戻す動作(リカバリー)があります。

リカバリーをするときのコツは、手を胸の前で抱えてから蹴伸びの姿勢になるまでに動きを緩めないことです。

ここの動きを緩めてしまうと、平泳ぎのスピードも落ちてしまうので注意していきましょう。

平泳ぎの泳ぎ方とコツ⑤ひとかきひとけり

平泳ぎのひとかきひと蹴りは、スタートで壁を蹴った後、

  • 水中のなかで気をつけの姿勢になるように腕で水をかく
  • 前に進む勢いがなくなる前に、腕をかき、そのあとに足を蹴る

これらの練習を繰り返ししていきましょう。

平泳ぎの泳ぎ方を動画(映像)で研究しよう

この平泳ぎの動画(コナミ)をみると、手と足の動きが一緒でないのが分かります。

さらに、あおり足でない平泳ぎのキックのイメージを掴むことができるので、練習中に模範となる泳ぎを頭の中でイメージするためにも是非参考にしてください!

【種類別】平泳ぎの泳ぎ方のコツとポイント

平泳ぎ

種類別平泳ぎの泳ぎ方のコツとポイント

  1. グライドキック 
  2. ヘッドアップ
  3. ターン
  4. 飛び込み

平泳ぎのコツとポイント①グライドキック

平泳ぎのグライドキックのコツは、

  1. 正しいストリームラインを作り『お尻が下がる』のを防ぐ
  2. 足の指先を丸めることなく、足の裏で水を蹴る
  3. 気をつけキックで泳ぐ

これらになります。

 

グライドキックを習得する=ストリームラインを覚え、水の抵抗を少なくする泳ぎ方ができるということです。

ですから、たかがグライドキック と思わずに不安がある方は『【平泳ぎグライドキック】正しい姿勢をつくるための3つのコツ』こちらの記事にグライドキックを正しい姿勢で泳ぐためのコツをまとめてあるので併せて読んでいきましょう。

平泳ぎのコツとポイント②ヘッドアップ

ヘッドアップ平泳ぎは主に頭を上げるので足が沈みやすくなります。

足が沈むのを防ぐためには、水中から手を出す位置をいつもより半分程度前でだすようにしていきましょう。

平泳ぎのコツとポイント③ターン

平泳ぎのターンは主にタッチターンと呼ばれる、壁をタッチして足をつくターンのことです。

壁をタッチするときクロールと背泳ぎは片手、平泳ぎとバタフライは両手でタッチを行います。

こちらは誰でも直ぐにできるようになるので、下記の動画でイメージを掴んでいきましょう。

平泳ぎのタッチターンのコツを動画でチェック

平泳ぎのコツとポイント④飛び込み

競泳の飛び込みを練習するときは、

  1. 飛び込む前にイメージトレーニング
  2. 飛び込み台に乗ったら目線はやや斜め前
  3. 飛び込み台を蹴るときは斜め上に蹴る
  4. 水中に入ったらひとかきひとけりを打つ

この4つのコツを意識することで、綺麗に飛距離をだせる飛び込みができるようになります。

 

また飛び込みしたときにゴーグルが外れてしまう場合は、キャップの上からゴーグルをするのではなく、ゴーグルをしてからキャップを被ってみてください。

初めはゴーグルをしてからキャップをすることに違和感を感じるけど、大分ゴーグルが外れにくくなるから是非試してほしいです。

飛び込みのコツについては下記の記事に、クラブスタート(両足揃い)とクラウチングスタート(片足下げる)どちらの方が良いのか、飛び込み練習するときの注意点、競泳の飛び込み練習方法がまとめてあるので是非参考にしてください。

 

【平泳ぎの泳ぎ方】ゆっくり(ロングディスタンス)長く泳ぐコツ

平泳ぎ 泳ぎ方

平泳ぎをゆっくり長く泳ぐためには、泳ぎの一部を重点的に練習するドリル練習で、

  • 水の抵抗を減らす
  • 疲れない泳ぎ方のコツを掴み、ハードな練習に反映させる準備をする

これらをしていきましょう。

平泳ぎをゆっくり長く泳ぐコツを掴むためのドリル練習【水泳選手時代の体験談】

スイスイコーチスイスイコーチ

平泳ぎをゆっくり長く泳げるようになるために、わたしが水泳選手のときに実践していたドリル練習を紹介するから、是非参考にしてね!

 

  1. 2回キック1回手をかく(キックを1回した後、ストリームラインを意識してもう一度キックする)
  2. 1キック2回手をかく(ストリームラインを意識しながら手のピッチをあげる)
  3. 顔あげ平泳ぎ(泳ぐテンポをあげる)
  4. 横向きで平泳ぎのキック(狭く蹴って足が水上に出ないようにする)
  5. 気をつけをして踵タッチで平泳ぎのキック(正しい姿勢でキックをする)

 

 

【平泳ぎの泳ぎ方】速く泳ぐコツ

平泳ぎ

平泳ぎを速く泳ぐためには、

  1. 水中に手を入れた際『深く潜らない』ようにする
  2. 飛び込みの勢いを利用して、ひとかきひとけりをうつ
  3. ストロークのピッチを上げる

これらのコツを押さえながら練習していくことが必要です。

 

このなかでも特にひとかきひとけりは、今直ぐできることになるので是非練習で意識してほしいです。

小学生や水泳初心者に平泳ぎの泳ぎ方(綺麗に泳ぐ)を指導説明するコツと練習方法

平泳ぎ

水泳初心者や子供が平泳ぎのコツを掴むために、

  1. あおり足にならないようにキックができているか
  2. 両手で円を書くように水をかいているか
  3. 足と手のタイミングを合わせて呼吸ができているか

この3つのことを注意していきましょう。

 

またこれらの詳細を下記の記事にまとめてあるので、水泳初心者&子供に平泳ぎを指導したい親御さん、水泳の練習メニューの幅を増やしたい水泳選手の方は是非併せて読んでみてください。

 

おわに:平泳ぎの泳ぎ方まとめ

水泳

最後に平泳ぎのコツをまとめると、

  1. キック:足の裏で水をとらえる
  2. 手と腕の動かし方:5ステップに分けて練習する
  3. 息継ぎ:手と足のタイミングを合わせる
  4. ひとかきひとけり:前に進む勢いがなくなる前に、腕をかき、そのあとに足を蹴る
  5. リカバリー:蹴伸びの姿勢になるまで動きを緩めない

これらになります。

 

平泳ぎの泳ぎ方のコツを掴んだら、次は平均タイムを知っていきましょう。

平均タイムを知ることで、水泳選手であれば『次の大会で目指すタイムの目標』ができますし、水泳選手でなくても、このくらいのタイムが平均なんだと知ることでモチベーションを向上することができますからね。