平泳ぎのグライドキックを正しい姿勢で泳ぐために『足の裏と内側』で水を挟むように蹴ろう

平泳ぎ

平泳ぎのグライドキックを正しい姿勢で泳ぐためには、

  • グライドキックのストリームラインができている
  • 足の裏と内側で水を挟むようにける

これらを習得する必要があります。

 

足の裏で水を挟むようにけるためには、膝を開くことなく、足の指先を丸めずにキックをしなければなりません。

膝を開くことなく、足の指先を丸めずにキックをするためには『平泳ぎを泳ぐときのコツ』を知り、じぶんで練習するときに意識する必要があります。

練習するときに意識をすることができれば、子どもに平泳ぎのグライドキックを教えることもできますよね。

この記事を最後まで読むことで、平泳ぎの練習をするときのコツが分かりますので是非参考にしてください。

 

グライドキックのストリームラインについては「クロールのグライドキック4つのコツ|正しい姿勢で息継ぎをするために」こちらの記事を読んでみてください。クロールのグライドキックでストリームラインをつくることができなければ、平泳ぎのグライドキックを上手く泳ぐことはできないですからね。

平泳ぎのグライドキックを練習するときの3つのコツ

3

平泳ぎのグライドキックは、

  1. 正しいストリームラインを作り『お尻が下がる』のを防ぐ
  2. 足の指先を丸めることなく、足の裏で水を蹴る
  3. 気をつけキックで泳ぐ

これらをすることが、練習をするときのコツになります。

 

平泳ぎのグライドキックを練習する際、コーチから「水が引っかかる感じでキックをする」と言われたことがあるのではないでしょうか。

コーチから「水が引っかかる感じでキックをする」と言われて、頭でわかっていても体で表現するのが難しいから困りますよね。

平泳ぎのグライドキックをしたときに、水が引っかかる感じを味わうためにも、是非練習のコツを掴んでいきましょう。

平泳ぎのグライドキック練習法①正しいストリームラインを作り『お尻が下がる』のを防ぐ

水泳

平泳ぎのグライドキックは、お尻が下がってしまうと腿を前に引くことができず、足の裏で水を蹴ることができません。

 

お尻が下がらないためには、

  • 顔(目線)を真下に向ける
  • 両肘の間に顔を入れる
  • 指先を上に向けない

これらを意識して『正しいストリームライン』を作り、お尻が下がるのを防いでいきましょう。

 

お尻が下がるのを防ぐことができれば、腿を前に引くことができ、水を足の甲ではなく裏で蹴ることができますからね。

平泳ぎのグライドキック練習法②足の指先を丸める(あおり足)ことなく起こす

水中ウォーキング

正しいストリームラインで平泳ぎのグライドキックをすることができても、足の指を丸めてキックをしてしまっては足の裏で水を捉えることはできません。

 

足の指を丸めてキックをしないためには、

  • 太ももをお腹に近づきすぎない
  • 足を引きつけたときに膝を開きすぎない
  • 踵を離して左右に開く
  • 蹴り終わりは、しっかり足を閉じる

これらを意識して、足の裏と内側で水を挟むように蹴る練習をしてみてください。

 

平泳ぎのグライドキックで、これらを意識することが難しい場合は『壁を掴みながら練習』をして足の裏と内側で水を掴む感覚をつかんでいきましょう。

足の裏と内側で水を挟むように蹴らなければ、推進力を得ることができないので、平泳ぎで前に進むことはできないですからね。

平泳ぎのグライドキック練習法③上向きと下向きの気をつけキックで泳ぐ

平泳ぎのキックはグライドキックだけでなく『上向き(下向き)気をつけキックを練習することで、足の裏と内側で水を挟む感覚をつかむことができます。

 

グライドキックの練習と同じように、上向き(下向き)気をつけキックで練習するときも、

  • 太ももをお腹に近づきすぎない
  • 足を引きつけたときに膝を開きすぎない
  • 踵を離して左右に開く
  • 蹴り終わりは、しっかり足を閉じる

これらを意識して練習していきましょう。

 

Qキックが弱いのですがどのような練習をすれば良いですか?
Aこんにちは。スイミングアドバイザーの岩崎 恭子です。立ちキック、壁キックの練習をすると良いですよ。
引用:Mizuno
SPONSORED LINK

平泳ぎのグライドキックが出来るようになるために、膝のストレッチをしよう

ストレッチ

平泳ぎは膝のストレッチをして膝を柔らかくすることで、スムーズに前に進むことができるようになります。

膝のストレッチは2人1組になり、

  • 腹ばいになる
  • 両膝を曲げ、地面にかかとをつける
  • 痛いと思うところで10秒止める

これらの方法を継続して行なうことで、膝を柔らかくすることができますが、絶対に無理はしないようにしてきましょう。

 

大人より子どもの方がすぐに体を柔らかくすることができるので、親が子どもにストレッチをやる場合は、1週間に3回〜6回は行うようにしてみてください。日に日に体が柔らかくなるのを実感することができますし、ストレッチをすることで筋肉の疲れを軽減することができますよ。

平泳ぎのグライドキックを正しい姿勢で泳ぐために練習を継続しよう

水泳

平泳ぎのグライドキックを正しい姿勢で泳ぐためには、

  • グライドキックのストリームラインができている
  • 足の裏と内側で水を挟むようにける

これらを習得する必要があります。

 

平泳ぎのキックを練習していくなかで『足の裏と内側で水をつかむ感覚』をつかんだときは、つかみかけている平泳ぎのコツを忘れないためにもできるだけ日にちを開けず継続して練習をしていきましょう。

 

スイスイコーチスイスイコーチ

水泳で練習したことは自転車と同じように、一度できれば忘れることはないですが、日にちを開けてしまうと忘れてしまいます。

ですから平泳ぎのグライドキックのコツを掴みかけている場合は、1週間に3回〜4回程度は泳ぐようにしてみてください。

おわりに:スイミングで平泳ぎを泳げるようになるために

平泳ぎ

平泳ぎのグライドキックを練習するときのコツは、

  1. 正しいストリームラインを作り『お尻が下がる』のを防ぐ
  2. 足の指先を丸めることなく、足の裏で水を蹴る
  3. 気をつけキックで泳ぐ

これらになります。

 

平泳ぎのグライドキックができるようになれば、平泳ぎを泳げるようになる日も遠くはありません。

平泳ぎを泳げるようになるためにも、練習するときのコツを把握して、足の裏と内側で水を蹴る感覚をつかんでいきましょう。

SPONSORED LINK