『強豪スイミングスクール』は地域によって異なる

スイミングスクール

子どもをスイミングスクールに通わせるなら、どのクラブが強いのか気になるのではないでしょうか。

スイミングスクールの強さは『水泳大会の上位者が所属するクラブ』を見ることで分かりますが、それは地域毎に異なりますので、当記事では『過去にオリンピック選手を輩出していスイミングスクール』という視点から強豪クラブをご紹介していきます。

 

この記事を読むことで、

  • 6つの強豪スイミングスクール
  • 子どもの学校に水泳部がない場合どうすればいいか

これらが分かりますので、是非参考にしてください。

子どもが水泳選手になるなら通いたい!オリンピック選手を輩出している強豪スイミングスクール6選

水泳

過去にオリンピック選手を輩出しているスイミングスクールは、

  1. 東京スイミングセンター
  2. みゆきがはらスイミングスクール
  3. コナミスポーツ
  4. イトマンスイミングスクール
  5. JSSスイミングスクール
  6. セントラルスポーツ

これら6つになります。

 

わたしは水泳選手のころ、コナミスポーツクラブに通っていました。

コナミスポーツクラブに通っていた理由は、自宅から近かったからになります。

友人も同じく自宅から近いという理由でコナミに通っていたましたが、途中で「速くなりたい!」と言い地元では有名なクラブに移籍したのです。

ただ、その友人は移籍したからといって急激にタイムが伸びることはありませんでした。

 

子どものタイムが伸びるかは、強豪スイミングスクールというより、

  • クラブに所属するコーチ
  • 選手とコーチの相性

これらに大きな要因があるので、あくまで参考として捉えてみてください。

強豪スイミングスクール①東京スイミングセンター(北島康介選手)

東京スイミングセンターは、オリンピックを連覇した北島康介選手をはじめ、

  • 中村礼子
  • 上田春佳
  • 寺川綾

これらのオリンピック選手を輩出しています。

 

スイミングスクールのコースは、ベビースイミング、幼児・小学生コース、中学生コース、選手コースに分かれており、他クラブからの移籍は現在所属しているクラブで選手登録が済んでいる方のみの受け入れです

 

4種目を基礎から練習し正しい泳法作りをするとともにベスト記録の更新を目指し、各種大会に出場します。又、専門的トレーニングによりトップスイマーの育成も行っております。

引用:東京スイミングセンター

強豪スイミングスクール②みゆきがはらスイミングスクール(荻野康介選手)

みゆきがはらスイミングスクールは、400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した荻野公介選手や清水咲子選手をオリンピック選手に輩出している栃木県にあるスイミングクラブです。

スイミングスクールのコースは、ベビーコース、幼児・学童コース、選手コースに分かれています。

 

栃木一、日本一、世界一を目指すあなたを応援します!大会入賞を目指して丁寧に指導します。一緒に頑張りましょう。

引用:みゆきがはらスイミングスクール

強豪スイミングスクール③コナミスポーツ(貴田裕美選手)

コナミスポーツクラブは、ロンドンオリンピックに出場し貴田裕美選手を輩出している約2万人の上級スイマーランキングをインターネットで公開しているスイミングクラブになります。

 

全国のコナミスポーツクラブ運動塾110施設に在籍されている約2万人の上級スイマーが参加。
4級(25m自由形)、3級(25m背泳ぎ)、2級(25m平泳ぎ)、1級(25mバタフライ)、ベストスイマー(50m種目もしくは、100mか200m個人メドレー)が、それぞれ3月に各施設で記録を計測しました。
2年生以下、3・4年生、5・6年生、中学生以上の4部門で、男女・種目別のタイムを上位10位まで掲載しました。

引用:コナミスポーツクラブ

 

スイミングスクールのコースは、ベビースイミング、リトル・キンダーコース、児童・上級コース、選手コースに分かれており、コーチからの推薦があった選手のみ選手コースに上がることができます。

強豪スイミングスクール④イトマンスイミングスクール(入江陸介選手)

イトマンスイミングスクールは、200メートル背泳ぎで銀メダルを獲得した入江陸介選手や寺川綾選手をオリンピック選手に輩出したスイミングクラブです。

寺川綾選手はイトマンスイミングスクールで選手としての力をつけた後、北島選手を育てた平井コーチの指導を仰ぐため東京スイミングセンターに移籍しています。

スイミングスクールのコースは、ベビーコース、幼児・ジュニアコース、選手コースに分かれています。

 

数々のトップスイマーを輩出してきた実績と経験を活かし、優秀なコーチが熱意と情熱を持って指導いたします。

引用:イトマンスイミングスクール

強豪スイミングスクール⑤JSSスイミングスクール(瀬戸大地選手)

JSSスクールは、400メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した瀬戸大地選手をはじめ、

  • 中村真衣
  • 田中雅美
  • 渡辺香生子

これらのオリンピック選手に輩出したスイミングクラブです。

 

四種目を習得した子供たちを次のステップへと導きます。スクール記録会から世界の檜舞台へと、JSSからこれまでも世界のトップクラスの選手が育っています。

引用:JSSスイミングスクール

 

スイミングスクールのコースは、ベビーコース、ジュニアコース、選手・育成コースに分かれており以下はJSSスイミングスクールのコース紹介の動画になりますので、是非参考にしてください。

強豪スイミングスクール⑥セントラルスポーツ(鈴木大地選手)

セントラルスポーツは100メートル背泳ぎで金メダルを獲得、現在スポーツ庁長官の鈴木大地選手や伊藤華英選手をオリンピック選手に輩出したスイミングクラブです。

 

昭和59年 ロサンゼルスオリンピック 11位(100メートル背泳ぎ)

昭和61年 アジア競技大会(ソウル) 金メダル(100メートル背泳ぎ、400メートルメドレーリレー)

昭和63年 ソウルオリンピック 金メダル(100メートル背泳ぎ)

引用:スポーツ庁

 

スイミングスクールのコースは、ベビー、幼児・児童コース、選手・育成コースに分かれています。

強豪スイミングスクールに通い記録をだしているけど『子どもの学校』に水泳部がない場合どうすればいいか

変える

子どもが強豪スイミングスクールに通い結果を出しているのに、中学校や高校に水泳部がないと『全中や県大会』に水泳選手として出場できるか不安になるのではないでしょうか。

結論からいうと、中学校に水泳部がない場合でも、外部指導者(水泳クラブのコーチ)を引率者として大会に出場することはできます。

ただし、学校が外部指導者と契約するには条件がありますので、できれば「大会に出場したいので、水泳部を作っていただけるか否か」を学校側に問い合わせてみて欲しいです。

 

本細則が適用されるのは、学校事情により、校長・教員が引率できず、校長がやむを得ないと判断した場合に限るもので、安易に引率者として外部指導者(コーチ)の引率を認めるものではない。

(1)引率者としての外部指導者(コーチ)の規定

① 当該校の校長が認めた成人であり、日頃から指導に当たっている者のことをいう。なお、事前に校長との間で外部指導者(コーチ)としての契約がなされていること。

② 引率者としての外部指導者(コーチ)は、各大会の申込用紙の引率外部指導者(コーチ)欄に必要事項を記入すること。

③ 引率者としての外部指導者(コーチ)に規定違反、不適切な言動等があったときは、不適合者として会長または競技専門委員長から当該校の校長に連絡し、資格を取り消す。

引用:公共財団法人日本中学校体育連盟

強豪スイミングスクールに通っても必ずしも名コーチがいるわけではない

ポイント

子どもが強豪スイミングスクールに通ったからといって、必ずしもトップスイマーになれるわけではありません。

 

その理由は強豪スイミングスクールに通えば、必ずそこに名コーチがいるわけではないからになります。

名コーチに出会えても、コーチと選手の相性が良くなければ、子どもはタイムが伸び悩むことでしょう。

 

ですから、まずは自宅から近く通いやすいスイミングスクールに通い『子どもがスイミングを好き』になるよう泳ぐことを楽しんでいきましょう。

水泳を好きになることで、練習を継続する習慣をつけることができますからね。

おわりに:子どもがトップスイマーになるために水泳を楽しもう

水泳

過去にオリンピック選手を輩出しているスイミングスクールは、

  1. 東京スイミングセンター
  2. みゆきがはらスイミングスクール
  3. コナミスポーツ
  4. イトマンスイミングスクール
  5. JSSスイミングスクール
  6. セントラルスポーツ

これらがあります。

 

強豪スイミングスクールといっても、あくまで目安にすぎません。

まずは子どもが泳ぐことを好きになり、好きだからこそ水泳を続けることができる。

水泳を続けることができるからこそ、水泳選手になることができ『トップススイマー』になることができますので、スイミングスクールにとらわれることなく泳ぐことを楽しんでいきましょう!