水泳初心者がクロールを泳げるようになるコツ

クロール

水泳初心者がクロールを泳げるようになるコツは、クロールの練習を段階的にすることになります。

クロールの練習を段階的にするとは、まずはノーブレクロールや片手クロール、補助具(ヘルパー)を利用してクロールの練習をすることです。

その理由はノーブレクロールや片手クロールの練習をすることで、クロールの息継ぎやストリームライン (泳ぐ姿勢)をつくることができるからになります。

 

この記事を読むことで、

  • 水泳初心者がクロールを泳ぐための6つの練習方法
  • 動画で分かる!クロールを泳ぐ時のコツ

これらが分かりますので、是非参考にしてください。

水泳初心者が25mクロールを泳ぐための6つの練習方法

クロール

水泳初心者がクロールを泳げるようになるためには、

  1. グライドキックで泳ぐ
  2. ノーブレクロールの練習をする
  3. ヘルパーをつけてクロールの練習
  4. 片手クロールで息継ぎの練習
  5. 12,5mクロールで泳ぐ
  6. 25mクロールで泳ぐ

この6つの練習方法があります。

 

子どもでない場合は「クロールの練習でヘルパーをつけるのなんて恥ずかしい」と思うかもしれません。

しかし補助具をつけてクロールの練習をすることで、腰が沈まないで泳ぐことができます。

クロールを腰が沈まないように泳ぐことで、補助具をつけてない場合に比べ泳いでいるときの感覚を養うことができますので、是非試してみてください。

クロール初心者の練習方法①グライドキックで12,5m泳ぐ

グライドキックは泳ぐ姿勢(ストリームライン )を作るのに欠かすことができない練習になります。

 

練習をやるときのコツは、

  • スタートをするときに耳の後ろに手を添えて姿勢を作る
  • 指先を上に向けない
  • キックをしているとき、両足の親指がくっつくイメージでキックをする

これらになりストリームラインを作れるようになることで水の抵抗を減らすことができるのです。

 

泳ぐ姿勢ができなければクロールに限らず他の四泳法を泳ぐことができないので、まずはグライドキックの練習をしてストリームラインをつくっていきましょう。

 

参考記事クロールのグライドキック4つのコツ|正しい姿勢で息継ぎをするために

 

クロール初心者の練習方法②ノーブレクロールの練習

ノーブレクロールの練習をする目的は、クロールの練習のなかで一番難しいのは息継ぎをすることなので、まずは息継ぎをしないでクロールを泳げるようになるためです。

 

練習をするときのポイントは、

  • グライドキックの姿勢を意識して手と手が重なり合ってから手をかく
  • 手と手が重なり合ったときにキックを止めない

これらになり、息をしたくなったら立ち上がる→またノーブレクロールを泳ぐを繰り返していきましょう。

 

子どもの場合は、親が前に立ち手を支えると練習がしやすいです。

親が前に立ち手を支える練習方法は、下記の動画を参考にしてみてください。

出典:コナミ

クロール初心者の練習方法③ヘルパーをつけて12,5mクロールの練習

クロールを泳ぐ前にヘルパーをつける意味は、

  • 浮力を得れるのでクロールを泳ぐとき変な癖をつけずにすむことができる
  • 腰にかかる負担を軽減する

これらになります。

 

ヘルパーをつけて泳ぐときは12,5m、25mと徐々に泳ぐ距離を上げていき「ヘルパーなしでも泳げそう」と思ったら、泳ぐ感覚を忘れないうちにヘルパー無しでクロールを泳いでいきましょう。

クロール初心者の練習方法④片手クロールで息継ぎの練習

クロール

片手クロールの練習をする意図は息継ぎができるようになることで、

  • 片方の手でビート板を持って、もう片方の手を回す
  • 水をかいた方の手は、ビート板を持っている手と重ね蹴伸びの姿勢を作る
  • 呼吸をするときは顔が前に向かないように注意する
  • 呼吸をしているときキックを止めない

これらを意識して練習していきましょう。

 

呼吸をするときのポイントは、呼吸するタイミングに合わせて『ドアノブを回すように顔を回転させる』ことになりますので、このイメージをもちながら練習してみてください。

 

参考記事【子供へのクロールの教え方】泳ぎ方を指導するコツ!息継ぎの練習方法とは

 

クロール初心者の練習方法⑤クロールで12,5m泳ぐ

12,5mのクロールを正しい姿勢で泳ぐことができなければ、25mを完泳することはできません。

 

正しい姿勢とは、

  • ストリームラインができている
  • 息継ぎをしても泳ぎが崩れない
  • 呼吸をするときにキックが止まっていない

この3つになるので、まずは12,5mを正しい姿勢で完泳できるようにしていきましょう。

クロール初心者の練習方法⑥クロールで25m泳ぐ

25mクロールを泳ぐときのポイントは、正しい姿勢で泳ぎを崩すことなく完泳できるか否かです。

正しい姿勢で泳げない場合は、まずは12,5mからクロールを泳げるように練習していきましょう。

25mクロールを泳げるようになっても、ストリームラインが崩れていたり、呼吸をするたびに顔が前を向いていたら長く泳ぎ続けることができないです。

クロールを長く、そして楽に泳げるようになるためにも焦らず段階を踏んで練習してみてくださいね。

水泳初心者がクロールの練習をするなら動画で『泳ぐイメージ』を掴もう

クロールが上手に泳げるようになるためには、4つのコツを覚えることが大切です。
まず、しっかり水に浮くための「正しい姿勢」。次に、前に進むための効果的な「腕の回し方」。そして、苦しくならないための「息つぎの仕方」。最後に「息つぎのタイミング」です。これらのコツをご紹介します。

引用:コナミ

水泳初心者が25mクロールを完泳するために

クロール

水泳初心者が25mクロールを完泳するためには、

  1. グライドキックで泳ぐ
  2. ノーブレクロールの練習をする
  3. ヘルパーをつけてクロールの練習
  4. 片手クロールで息継ぎの練習
  5. 12,5mクロールで泳ぐ
  6. 25mクロールで泳ぐ

これらを段階的に練習することが大切です。

 

ストリームラインができなければ、手を回して泳ぐことはできません。

手を回して泳ぐことができなければ、息継ぎをすることができないので課題を一つずつクリアーしていきましょう。

おわりに:水泳初心者が1日でも早くクロールを泳げなるために正しい練習を継続しよう

スイミング

水泳初心者が25mクロールを泳げるようになる練習は、

  • 【グライドキック 】スタートをするときに耳の後ろに手を添えて姿勢を作る
  • 指先を上に向けない
  • キックをしているとき、両足の親指がくっつくイメージでキックをする
  • 【ノーブレクロール】グライドキックの姿勢を意識して手と手が重なり合ってから手をかく
  • 手と手が重なり合ったときにキックを止めない
  • 【ヘルパーをつける】浮力を得れるのでクロールを泳ぐとき変な癖をつけずにすむことができる
  • 【片手クロール息継ぎ】片方の手でビート板を持って、もう片方の手を回す
  • 水をかいた方の手は、ビート板を持っている手と重ね蹴伸びの姿勢を作る
  • 呼吸をするときは顔が前に向かないように注意する
  • 呼吸をしているときキックを止めない
  • 【12,5mクロール】ストリームラインができている
  • 息継ぎをしても泳ぎが崩れない
  • 呼吸をするときにキックが止まっていない

これらのコツを踏まえ、段階を踏んで練習してみてください。

 

クロールを泳げるようになるためには『正しい練習』をせずに、じぶんのやりたい練習をしていては泳げるようになりません。

正しい練習をして25mクロールを完泳できるようになるためにも、週に1回でも多くスイミングスクールで練習していきましょう!