海外ビーチリゾートへ行く前に持ち物を確認しよう

海外 ビーチリゾート 持ち物

海外のビーチリゾートに着いたとき「あれ持ってくるの忘れた!」とならないために、必要な持ち物をまとめてみました。

ただまとめただけでなく、ビーチリゾートに持って行く持ち物の選び方、海外旅行であると便利な5つの持ち物、航空機に持ち込める禁止荷物の基準も書いてあります。

いくら準備をしたつもりでも、何か一つ忘れてしまうのは海外旅行のアルアルなので、この記事を読んで海外に行く前の事前準備を万端にしていきましょう。

【2018年夏旅行】海外ビーチリゾート持ち物リストの選び方

今年の夏、海外ビーチリゾートに行くなら持っていきたい持ち物は、

  1. 日焼け止め
  2. タオル
  3. 水着
  4. 浮き輪
  5. ゴーグル
  6. 救急用具
  7. スマホ防水ケース
  8. マリンシューズ 
  9. マリンカプセル
  10. バッグ
  11. アクアパック
  12. カメラ
  13. テント

これらになります。

日焼け止め

日焼け止めを選ぶときのポイントは、

  • メーカーが推奨している使用部位(体用、顔用)を確認する
  • 夏の紫外線から肌を守るためにSPF30以上できれば50以上の物を選ぶ

これらになり、私は海でライフセーバーをしていたときアネッサの日焼け止めをしていたので同商品を推奨しています。

タオル

自宅にあるタオルを持って行くときは、できるだけ大きめの物を選んでいきましょう。

大きめの物を持っていくことで、着替えるとき、子どもが寝てしまったとき掛け布団みたく使えますからね。

水着

女性の方で水着を選ぶときビキニを着ることに抵抗がある場合は、『体型をカバーできるタンキニ』がおすすめです。

特にお腹周りや下半身の体型をカバーしたい方におすすめになります。

男性の場合は、競泳用水着ではなくレジャー用水着を選んでいきましょう。

浮き輪

海水浴で浮き輪を使用するときは、海で流されてしまった場合、無理に追わないようにしてほしいです。

浮き輪を無理に追うことで、足がつかなくなる、足をつってしまい、海の事故に繋がることがあります。

ですから、海の自己を未然に防ぐためにも流されてしまった場合は無理に追わないようにしていきましょう。

ゴーグル

ゴーグルにはミラーレンズがあるタイプと無いタイプがあるので、太陽の日差しから目を守るためにミラーレンズがあるタイプを選んでいきましょう。

ミラーレンズがあり、且つクッションがあるライプだと目の周りを傷めることなく利用することができます。

救急用具

大学時代ライフセーバーをやっていた経験から、砂浜にある石や貝で足を着る怪我が多発しているのを目にしてきています。

怪我をしたら、最寄りのライフセーバーに声を掛けることで手当をしてもらえますが、自分で救急用具を持っておくに越したことはありません。

救急用具の選び方はポーチに救急道具一式が入っているものを選ぶと便利で使いやすいです。

スマホ防水ケース

スマホ防水ケースの選び方はIPX(防水性能の指標)が8のものを選ぶことです。

その理由はIPXは0~8までの9段階があり、数値が高いものほど防水機能が高いからになります。

いくら防水ケースを購入しても、海の水が入ってきてしまっては買う意味がないので、防水ケースを買うならIPX8を選んでいきましょう。

マリンシューズ

マリンシューズならサンダルと違い、海のなかに潜む岩から子どもの肌を守ってくれます。

いくらサンダルを履いていても、岩が露出していたら肌を傷つけてしまいますからね。

子どもを擦り傷から守りたいのであれば、サンダルではなくマリンシューズを必ず履くようにしましょう。  

マリンカプセル

海水浴をデートで楽しむならマリンカプセルは必需品です。

マリンカプセルがあれば、小銭を常備しておけるので彼女が「喉乾いた、海の家に行きたい」と行ったときスムーズに行くことができますからね。

それに貴重品を管理するのにも役立つので、海外のビーチデートをするならマストアイテムになります。

バッグとジップロック

海外では防犯対策のために、必要最低限の荷物を軽くて丈夫なバッグに入れていきましょう。

バッグを選ぶときのポイントは、両手がフリーになるショルダーバッグがおすすめです。

バッグに荷物を入れるとき、ジップロックを利用することで荷物を圧縮できるので是非参考にしてください。

アクアパック

海外で盗難から貴重品を守るなら、アクアパックは必須になります。

盗難は、テントに貴重品をおいて置くことで置引きという形で発生するケースが多いです。

ですから置引きに合わないためにも、アクアパックに貴重品を入れて常備しておきましょう。

カメラ・写真

海外旅行に行くということは、一夏の思い出を作るいうことではないでしょうか。

一夏の思い出を作るのであれば、防水かつ軽量のカメラは選んでいきましょう。

いくらカメラを持っていても、水や潮風で壊れてしまっては元も子もないですからね。

テント

海外のビーチ兼キャンプを楽しむなら、コールマンのテントがおすすめ。

コールマンのテントは大人2人・子ども2人用で5分あれば立てることができるし、軽量で小さくまとめることもできるので車に収納するのが簡単です。

ですからテントを選ぶなら、コールマンを持って入れば他のテントは必要ありません。

【ケース別】海外ビーチリゾートの持ち物

海外のビーチリゾートに持っていきたい、持ち物を

  • 赤ちゃん
  • 子連れ
  • おしゃれ

これらのケースに分けてご紹介します。

赤ちゃんに必要なビーチリゾートの持ち物:水遊びパンツ

赤ちゃんと海外ビーチに行くなら、水遊び用オムツを忘れないようにしていきましょう。

水遊び用オムツには、それぞれサイズ表記があるので、赤ちゃんのサイズに合わせてものを選んでいきましょう。

子連れに必要なビーチリゾートの持ち物:ライフジャケット

海の事故から子どもを未然に守るために、ライフジャケットは必ず着用して欲しいです。

その理由は浮き具だと強風や波にあおられて、子どもの体から浮き具が外れてしまうからになります。

ライフジャケットなら、強風や波にあおられても外れることは無いので、子どもが海に入るならライフジャケットを着用していきましょう。

 

保護者等の付添い 子供の水難防止のため、子供一人では水遊び等をさせず、幼児や泳げない学童等には、必ずライフジャケットを着用させ、その者を保護する責 任のある者が付き添うなどして、目を離さないようにする。

引用:https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/chiiki/290908kakisuinann.pdf

おしゃれ(インスタ映え)おもしろビーチリゾートの持ち物:スイカ系アイテム

海水浴に持って行くインスタ映えするアイテム=スイカですよね。

スイカを持っていくことで、海と砂浜、そして仲間とスイカ割りを楽しんでいる写真を撮ることができます。

 

ただ、海外になると、いくらスイカを持っていきたくても持っていくことはできないのでスイカ系のバッグなどを持っていくようにしていきましょう。

海外旅行であると便利な5つのおすすめ持ち物

ママさんママさん

海外のビーチに持っていく持ち物は確認できたけど、その他、海外旅行に行くなら持っていくと便利なものってある?

 

スイスイセーバースイスイセーバー

うん、海外旅行に行くなら、

  1. スーツケースベルト
  2. ケーブルロック
  3. 電源プラグアダプター
  4. スマホ充電器
  5. ポーチ

この5つを用意しておくと便利だよ!

スーツケースベルト

スーツケースの鍵が壊れたり、無くしてしまった場合にスーツケースベルトがあると便利です。

いくら鍵が壊れないと思っていても、万が一のときのために準備しておくことをおすすめします。

鍵が壊れても、スーツケースベルトで固定することで「ガラガラ」引きながら移動することができますからね。

ケーブルロック

海外の置引被害防止対策ならケーブルロックです。

ケーブルロックとは、輪状の鍵で身近な例としては自転車に巻きつけている鍵を上げることができます。

空港内やホテル、レストランで「まさか自分が被害に遭うとは・・」このような事態にならないためにも、盗難対策はしておきましょう。

電源プラグアダプター

海外のコンセントでスマホを充電するなら、電源プラグアダプターは必須です。

その理由は海外のコンセントの形状に合った電源プラグアダプターがなければ、スマホを充電することができないからになります。

海外でスマホを充電したければ、必ず電源プラグアダプターを持って行くようにしていきましょう。

スマホ充電器

海水浴でスマホ充電器を使う場合は、必ず日陰に置くようにしていきましょう。

日陰に置かないことで、充電器が熱を帯びてしまい壊れる原因や触れることで火傷をしてしまいます。

ポーチ

海外でお酒類を購入するとき、身分証明書の提示を求めれることがあります。

このようなとき、ポーチにパスポートや身分証明証を入れておけば慌てずにすみますよ!

しかもポーチのなかに、財布などの貴重品類を入れて肌身離さず持っておくことで盗難対策になるので、海外で海水浴するならポーチはマストアイテムになります。

海外ビーチリゾートの持ち物を準備する前に、航空機に持ち込める禁止荷物でないか確認しよう

航空機 禁止物

海外への出入国をスムーズにするためにも、禁止荷物の有無は必ず確認するようにしていきましょう。

禁止荷物の例としては、

  • 100㎎を超える液体物(代表例として味噌、漬物、フルーツ、ヨーグルト、ゼリー、シャンプー、歯磨き粉、ヘアクリーム)
  • 航空法第86条に規定されている危険物

これらになり、詳細については国土交通省危険物リストに記載されているので、「これは大丈夫かな?」と迷う場合は必ず確認するようにしてください。

 

国際線ご利用の際、100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物は、航空機内への持ち込みが禁止されております。

保安検査の目的は”ハイジャック・テロ行為を未然に防止すること”であり、その為には、”航空機に凶器や危険物、爆発物等を持込ませないこと”が重要となります。

引用:https://www.narita-airport.jp/jp/security/master_sheet/

おわりに:海外ビーチリゾート持ち物リストまとめ

海外ビーチリゾート持ち物

海外ビーチリゾートの持ち物をまとめると、

  1. 日焼け止め
  2. タオル
  3. 水着
  4. 浮き輪
  5. ゴーグル
  6. 救急用具
  7. スマホ防水ケース
  8. マリンシューズ 
  9. マリンカプセル
  10. バッグ
  11. アクアパック
  12. カメラ
  13. テント
  14. 水遊びパンツ
  15. ライフジャケット
  16. スイカ系アイテム

これらになり、海外旅行に行くなら、スーツケースベルト、ケーブルロック、電源プラグアダプター、スマホ充電器、ポーチがあると便利です。

 

いくら忘れものがないと思っていても、海外のビーチに着いたとき「アレがない、コレがない」となるのは世の常です。

このような事態にならないためにも、いま一度、海外ビーチリゾートに持っていく持ちもを確認をして、2018年夏の海を思いっきり楽しんでいきましょう!!