水泳は痩せる理由

水泳 痩せる

水泳が痩せる理由は、主に運動強度の高さにあります。

運動強度とは、運動時の負荷やキツさを数値化したもので『メッツ』とも呼ばれ、水泳、ランニング、バスケットボールなど運動により強度は異なるのです。

この運動強度が高ければ高いほど、同じ時間でも消費できるカロリーが高くなるので、水泳は痩せるスポーツということができます。

 

具体的には速歩きの水中ウォーキングは1oメッツ、陸上でのウォーキング(速い)は6,3メッツ、ランニングは8メッツになり、水中ウォーキングは老若男女を問わず誰でも出来るのでコスパが良いですよね。

 

最後までこの記事を読むことで、

  • 水泳ダイエットのメニュー
  • 水泳ダイエットの効果
  • 水泳ダイエットの注意点
  • 週1回スイミングスクールに通う場合の料金
  • 週1回で水泳ダイエットに成功できるのか

これらが分かりますので、是非参考にしてください。

 

【水泳の運動強度】

引用:Panasonic

水泳で痩せるための3つのポイント

水泳で痩せるためには、

  1. 泳ぐ種目
  2. 泳ぐ距離・時間
  3. 消費カロリー

この3つを意識することがポイントになります。

水泳で痩せるために消費カロリーが高い種目を理解する

ママさんママさん

どうせ泳ぐなら1時間でなるべく多くのカロリーを消費したいんだけど、痩せるためにおすすめの種目ってあるの?

 

スイスイコーチスイスイコーチ

うん、効率よく痩せたいなら水中ウォーキングをおすすめするよ!

水中ウォーキングなら30分以上は続けることができるからね。

平泳ぎやクロールも消費カロリーが高くておすすめだけど、膝を痛めやすいし、初心者からすると長く泳ぎ続けることは難しいからね。

水泳で痩せるために泳ぐ距離・時間を決めておく

背面キック

水泳ダイエットは、泳ぐ距離と時間が長ければ長いほど痩せます。

ですから泳ぐ前に「今日は20分歩いて5分休憩を3セットやろう」このように、泳ぐ距離と時間を決めておきましょう。

泳ぐ距離と時間を決めるときのポイントは、1時間泳ぎ続けるのではなく休憩を入れることです。

 

休憩を入れて1時間ダラダラ歩くのではなく、時間を決めて速いスピードでウォーキングをした方が運動強度は高くなりますからね。

運動強度が高ければ、その分、消費するカロリーも高くなるので20分若しくは30分速いペースで歩き続けることを目標に取り組んでいきましょう。

水泳で痩せるために消費カロリーを計算する

水泳の消費カロリーは『消費カロリー計算式(強度×体重×時間)』に、自分の体重を当てはめることで計算することができます。

 

体重50㎏、運動時間30分の場合は下記のとおりです。

  • バタフライ 275カロリー(11×0,5×50)
  • クロール(速) 275カロリー
  • 背泳ぎ   175カロリー(7×0,5×50)
  • 平泳ぎ   250カロリー(10×0,5×50)
  • クロール  200カロリー(8×0,5×50)
  • 水中歩行  100カロリー(4×0,5×50)
  • 水中歩行(速)250カロリー(10×0,5×50)

50と書いてあるところに、自分の体重を入れることで消費カロリーを計算することができるので試してみてください。

水泳ダイエットを成功させるためのメニュー例

スイミング

スイミングダイエットを成功させるためのメニュー例

  1. 水中で足を上下に動かす×10回
  2. 歩幅を広めにして水中ウォーキング25×10回
  3. 水中ウォーキング(平泳ぎの手をしながら)25×10回
  4. クロールと平泳ぎを織り交ぜて20分泳ぐ(泳いげない場合は速歩き)

 

参考記事スイミングダイエットメニュー4選【効果を抜群にして成功】するためのコツ

 

水泳ダイエットをすることで得られる効果

水泳ダイエットに挑戦した人は9人。全員がダイエット効果を感じています。

ヤセレポライター実践期間減量結果
①ちょこら-20kg
②mossan496ヶ月‐8kg
③マカロン1年-5kg
④myu-myuu6ヶ月-5kg
⑤春のパン祭り3ヶ月‐5kg
⑥くゆ1ヶ月‐5kg
⑦marino2ヶ月‐4kg
⑧hitomi09141ヶ月‐2kg
⑨ゆなちん2ヶ月妊娠中の体重増加を抑制

80kg超のライターは20kgの大減量に、他のライターも5人が5kg以上痩せたという結果を得ていました。

引用:https://yaserepo.jp/10095

【水泳で痩せる】男性・女性『部分痩せ』の効果

ダイエット

水泳ダイエットは体重を落とすだけでなく、泳ぎ方により腕回り・お腹回り・背中周り、太もも回りの部分痩せに効果があります。

腕回りを痩せたければ、水中ウォーキングで腕の振りを速くしたり、クロールや平泳ぎで腕を引き締めていきましょう。

お腹周りを痩せたければ、お腹に手を当て腹筋を意識しながらウォーキングをしたり、もし泳げるのであればバタフライも効果的です。

背中回りを痩せたければ、肩甲骨を意識しながらクロールや背泳ぎを泳いで広背筋を引き締めていきましょう。

太もも回りを痩せたければ、平泳ぎで大腿四頭筋をシェイプアップさせてみてください!

【水泳で痩せる】子どもへの効果

スイミング

子どもが痩せたければ、水泳をおすすめします!

その理由は水泳なら膝に負荷をかけるがないので、やや肥満気味でも怪我をすることなくダイエットに取り組むことができるからです。

怪我を防止でき且つ、消費カロリーが高いので、子どもが痩せたいのであれば泳いでいきましょう。

 

参考記事【子供の肥満解消】スイミングが他の習い事よりおすすめな3つの理由

 

水泳ダイエットのメリットとデメリット

水泳ダイエットをするメリットは主に、消費カロリーが高く且つ怪我をしにくいところです。

ダイエットに取り組んでも、怪我をしてしまっては継続することができず痩せることはできません。

一方、デメリットは水のなかには塩素が含まれているので、敏感肌の方は肌荒れの原因になるかもしれません。

塩素から肌を守るためにも、泳ぐ前後のケアは忘れずにしていきましょう。

 

参考記事スイミングの塩素から肌を守る!泳いだ後の落とし方4つの対策【かゆみ防止】

 

週1回水泳ダイエットをするためにスイミングスクールに通う料金

費用

スイミングスクールに週1回(月4回)通う場合は、主に6000円前後の月謝がかかります。

6000円前後の月謝がかかりますが、プランによってはスイミングのコーチに指導してもらえるのがスイミングスクールの強みです。

費用を安くしたいのであれば、プール付きの公共施設が運営している場所に通うようにしていきましょう。

週1回の頻度で水泳ダイエットを成功させることはできるのか

脚やせ

水泳は他の運動に比べ消費カロリーが高いので、痩せることはできますが「週1回泳ぐだけで痩せる」ことはできません。

もし週1回泳ぐだけで痩せることができるのであれば、すべての痩せたい方はスイミングに通っていますし、あのRIZAP(ライザップ)がこんなにも流行るわけないですよね。

 

「週1回泳ぐだけで痩せた!」という方は、

  • ダイエットを始めたばかり
  • 週1回の水泳以外にも体重を減らすための努力をしている

このどちらかのケースになりますので、『週1回泳げば痩せる』という情報には振り回されないようにしていきましょう!

おわりに:水泳ダイエットを成功するために

ダイエット

水泳ダイエットを成功させるためには、

  • 泳ぐ種目
  • 泳ぐ距離・時間
  • 消費カロリー

こららを意識しながら継続することがポイントになります。

 

ダイエットを継続するためにも、まずは、

  1. 水中で足を上下に動かす×10回
  2. 歩幅を広めにして水中ウォーキング25×10回
  3. 水中ウォーキング(平泳ぎの手をしながら)25×10回
  4. クロールと平泳ぎを織り交ぜて20分泳ぐ(泳げない場合は速歩き)

このメニューを参考にしてみてください。

 

水泳は通う習慣さえつけてしまえば、運動強度が高い=消費できるカロリーも高いのでダイエットするには打って付けのスポーツになります。

天候に左右されることもないので、是非水泳ダイエットに挑戦していきましょう!