沖縄の海開きは主にいつからいつまでの期間なのか【2018年版】

沖縄 海

沖縄の海水浴の海開きは主に3月中旬に行われ、主にライフセーバーが滞在する10月一杯は安心して遊ぶことができます。

ライフセーバーが滞在外の11月以降では安全面から海に入ることは辞める(ダイビングは楽しめます)ようにしていきましょう。

また沖縄の海は本島に比べ、水の透明度が抜群でとても綺麗なので、子どもと海の魚をウォッチしたり、ダイビングをするのに適している海です

 

この記事では沖縄の海水浴を120パーセント楽しめむために、

  • 沖縄にあるおすすめの海を比較
  • 2018年度の沖縄のイベント日程
  • 沖縄へのアクセス方法
  • クラゲに遭遇したときの対策と注意点

これらをご紹介するので、家族や友人と沖縄の海を楽しむために是非参考にしてください。

沖縄のきれいで透明度抜群のおすすめ海4選

海水浴場名期間家族向け波の高低
万座ビーチ3月17日〜通年
豊崎美らSUNビーチ4月1日~10月30日
あざまサンサンビーチ3月末〜10月末
アラハビーチ4月8日〜10月31日
ママさんママさん

沖縄の海の期間は分かったけど、どの海にいいけばいいか迷うわ。

それぞれ、どんな特徴があるのかしら?

 

スイスイセーバースイスイセーバー

うん、海にはそれぞれ特徴があるから、海の特徴を紹介するね。

そろぞれの特徴を比較して、どの海に行くか決めていこう!

沖縄の海①子どもと行くなら透明度抜群の万座ビーチ

万座ビーチは沖縄県内で3ヶ所しかない環境省認定の『快水浴場百選特選』に選ばれている海水浴場です。

快水浴場百選に選ばれているとおり、白い砂浜と綺麗な海が魅力的で、海のなかの魚をウォッチすることができます。

また綺麗な夕焼けを見ながらリゾート気分を味わえるのもポイントです。

万座ビーチの海の透明度がわかる動画

万座ビーチへのアクセス

・タクシー・レンタカーご利用の場合

那覇空港より約80分。沖縄自動車道利用(屋嘉インター)で約50分

お得なレンタカープランもございます。

・空港リムジンバスご利用の場合

那覇空港国内線旅客ターミナルビルバス停より乗車し、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート前下車。約100分。

引用:https://www.anaintercontinental-manza.jp/about_us/accessmap.html

沖縄の海②バーベキューができる!那覇空港から一番近い豊崎美らSUNビーチ

豊崎美らSUNビーチはお那覇空港から一番近いビーチで、バーベキューを楽しむことができます。

海の深さは足がつく程度なので、子ども安心して遊ぶことができるのです。

またバナナボートやシーカヤックなどのマリンスポーツを楽しめるのもポイントになります。

豊崎美らSUNビーチの動画

豊崎美らSUNビーチへのアクセス

所在地〒901-0225  沖縄県豊見城市字豊崎5-1 MAP
交通アクセス(1)那覇空港から小禄バイパスを南下で約15分。

出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179804/

沖縄の海③透明度が高い!あざまサンサンビーチ

アザマサンサンビーチは水の透明度が高く遠浅の海水浴場です。

近くにトイレやシャワー室が完備されているので、家族で遊ぶのに適しています。

また、こちらの海でもバーベキューができるのがポイントです。

あざまサンサンビーチのドローン動画

あざまサンサンビートへのアクセス

交通アクセス(1)那覇空港からモノレールで15分(旭橋駅下車 那覇バスターミナルへ(徒歩5分))
那覇バスターミナルからバスで50分(東陽バス 38番 志喜屋線 バス停サンサンビーチ入口下車)
サンサンビーチ入口から徒歩で5分
(2)那覇空港から車で60分(那覇空港自動車道南風原北ICから国道329号線・331号線を知念方面へ)

出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_47346cb3490154619/

沖縄の海④マリンスポーツ(ダイビング)を楽しむならアラハビーチ

アラハビーチではダイビングからシーカヤック、そして夏場はパラセール(パラシュートをボートで引く)などのマリンスポーツを楽しめる海水浴場です。

マリンスポーツを楽しめるだけでなく、子供が遊べる遊具やバスケットゴールが完備されているのもポイントです。

アラハビーチの各種マリンスポーツの動画

アラハビーチへのアクセス

交通アクセス(1)那覇空港から車で40分
(2)那覇バスターミナルからバスで45分(名護西線(20)、読谷線(28)、(29))
[北谷]下車から

出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_47326cb3492037018/

沖縄の海のベストシーズンはいつの時期なのか

ママさんママさん

沖縄の海水浴の時期は分かったけど、ベストシーズンはいつ頃なの?泳げても大混雑だったり、肌寒かったら嫌なんだけど・・・

 

スイスイセーバースイスイセーバー

うん、沖縄の海水浴場は離島を含め主に5月〜10月前半なら快適に泳ぐことができます。

ただいくら快適に泳げるといっても沖縄の海開きのベストシーズンは8月までになるから、混雑を避けたければ7月上旬若しくは、お盆過ぎの8月下旬をおすすめするよ!

また4月、10月中盤〜11月でも観光客で泳いでいる人はいるけど水温はそれなりに冷たいです。

沖縄は常に暖かくて海水浴に適していると思っている方もいますが、沖縄の11月は東京の9月くらいの気温になるということも覚えておいてください。

沖縄の海でダイビングするならベストシーズンの季節を知ろう

沖縄の海は四季の影響により、水温だけでなく水の透明度が違ってきます。

また季節によって見られる魚が違うので、1年を通してダイビングを楽しむことができるのです。

1年を通してダイビングを楽しむことができますがベストシーズンは暑過ぎず、寒過ぎない5月〜7月中旬と11月がおすすめです。

5月〜7月中旬の理由は沖縄の海ではマンタに会えることがあるので、混雑を避けマンタと触れ合うならこの時期になり、11月は台風のピークが過ぎ観光客も少ないのでゆっくり沖縄の海を満喫することができるからになります。

沖縄の海に行くなら2018年度のイベント日程(花火や夏祭り)を把握しておこう

沖縄の海に行くなら、これから始まる夏祭りやと被せることで観光の想い出を増やすことができます。

夏祭りの他にも、年間を通してイベントを行っているので是非沖縄観光+αで旅行を楽しんでいきましょう! 

出典:http://www.okinawastory.jp/event

沖縄へのアクセスは東京から飛行機で約3時間かかる

沖縄へ飛行機で行く場合は、成田空港から那覇空港(約3時間)です。

成田空港から那覇島空への便は1日6往復前後になり、料金5000円~5万円になります。

飛行機の予約についてはANA公式HPから適宜するようにしていきましょう。

沖縄の宿泊は海が見えるホテル『WASSA WASSA』がおすすめ

沖縄 海 ホテル

出典:http://wassa-okinawa.com/

  • 目の前に広がる海
  • 朝焼けはもちろん夜は満点の星空
  • ルーフテラスからの景色は絶景
  • 沖縄で取れた海の幸を味わえる

 

ママさんママさん

とても良いさ。2015年の春に初めて訪れて、この春(17年)4回目。
まず、食事(朝も夕も)すごい!あまりのレベルの高さに感動。魚河岸で働きながらシェフ修行していただけのことはあるし、元々のセンスも抜群なんだろう。
他も、非の打ち所がない。こじんまりと落ち着いた部屋、家族経営の温かいサービス、屋上の品のいいテラス(ダイニングと露天風呂)、目の前の珊瑚礁の海(シュノーケリング)、ヤンバルの森は歩くところ(ガイドツアーも充実)も見るところも、ふんだん。集落も散歩にはもってこい。足を少し伸ばせば美ら海水族館も諸々リゾート施設も。

引用:https://www.google.com/maps/contrib/107070318213137646561/reviews/@30.9950332,133.8453128,6z/data=!3m1!4b1!4m3!8m2!3m1!1e1?hl=ja-JP

海の危険生物代表!沖縄の海で『クラゲ』に刺されてしまった場合の対処法と注意点

海水浴 クラゲ

沖縄の海では1年中クラゲはいますが、日本本島のようにお盆過ぎに大量発生することはありませんし、

  • 沖縄のみに生息する猛毒クラゲ『ハブクラゲ』の被害がでるとビーチを閉鎖する
  • ビーチによってはクラゲ避けのネットが貼ってある

これらのクラゲ対策をしています。

 

なお、ハブクラゲは主に熱い時期(6月〜9月)を中心に発生するので、万が一ハブクラゲに刺されたときの対処法を次で説明するので覚えておきましょう。

ハブクラゲによる刺症被害は6月~9月にかけて多発する傾向にあることから、沖縄県では、平成29年6月1日から9月30日までの間、ハブクラゲ発生注意報を発令し、広く県民及び国内外から訪れる観光客に対し、ハブクラゲによる刺症事故の未然防止に努めて頂きますよう呼びかけています。

引用:http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/living/79/1270

沖縄の海でハブクラゲに刺されたときの対処法

ハブクラゲ

ハブクラゲに刺された場合は、

  1. 直ちに医療機関に連絡
  2. 直ぐに刺された部位に30秒程度酢をかけ続ける(酢の量は多ければ多いほど良い)
  3. もし酢がなければ、海水で触手を完全に洗い流す
  4. 触手を完全に取り除いたら、痛みがなくなるまで受傷部位を冷やし続ける
  5. 万が一、呼吸停止や心停止を起こした場合は心肺蘇生法を実施
  6. 近くにAEDがあれば利用する

これらになりますので、沖縄の海に行く場合は必ず覚えておいて下さい!

 

沖縄の海にはハブクラゲ以外にも、カツオノエボシなど危険なクラゲもいるので、クラゲの発生する時期や症状について『【海水浴クラゲ】危険な4種類が発生する時期はいつから?応急対策まとめ』こちらの記事を参考に応急処置法を覚えておいてほしいです。

 

AEDは、突然の心停止を起こして倒れた人を、そこにいる人たちがその場で使って倒れた人の命を救うことができる医療機器

出典:http://www.jhf.or.jp/aed/

おわりに:沖縄の人気の海【まとめ】

八丈島 海

海水浴場名期間家族向け波の高低
万座ビーチ3月17日〜通年
豊崎美らSUNビーチ4月1日~10月30日
あざまサンサンビーチ3月末〜10月末
アラハビーチ4月8日〜10月31日

最後に沖縄の海をまとめまると上記とおりになり、主に10月一杯はライフセーバーがいるので安心して海に入ることができます。

また沖縄本島の海だけでなく離島にある海を知ることで、本島の海に行くか、それとも離島の海に行くかを比較することができます。

沖縄の離島の海水浴場については『【沖縄の海はいつまで泳げる2018版】本島&離島の海水浴場情報とクラゲの時期』こちらの記事に書いてあるので是非併せて参考にしてください!