幼児とプールにいく前に注意点を知ろう

幼児 プール

家族でプールを楽しむためには、幼児(赤ちゃん)と遊ぶときの注意点とその対策を知っておく必要があります。

幼児と遊ぶときの注意点とは塩素対策やプール熱のことで、これらについては知っている方も多いのではないしょうか。

ただ、いくらプールで注意することを知っているといっても、その対策を知らなければ意味がありませんのでプールで遊ぶ注意点と対策を知る必要があります。

 

この記事を読むことで、

  • 幼児とプールで遊ぶときの注意点と対策
  • 2018年の夏を家族で楽しめるおすすめプール
  • 幼児とプールで遊ぶときの持ち物
  • 幼児のプールはいつから大丈夫か
  • 幼児のプールで気をつけたい事故【元ライフセーバー体験談】

これらが分かりますので、是非家族でプールを楽しむために参考にしてください。

幼児とプールで遊ぶときの注意点と対策

ベビースイミング

幼児とプールで遊ぶときの注意点は、

  • 塩素
  • 中耳炎など耳鼻に関すること
  • プール熱
  • 日焼け

これらになります。

幼児プールの注意点と対策①塩素

プールの塩素は幼児の皮膚に刺激を与え、特にアトピー性皮膚炎の場合は刺激が強いので、アトピーの症状がひどく、範囲も広い場合はプールを控えたほうが良いです。

しかし、症状が軽く担当医から「学校生活上の配慮が必要」と申し出がなければ、アトピー性皮膚炎でもスイミングスクールに通っている子供はいるので、プールで遊んでも大丈夫でしょう。

 

塩素の対策としては、プールから上がった後は、

  • 皮膚についた塩素をシャワーで洗い流す
  • 体が乾かないうちにクリームを塗り保湿させる

これらをして肌を保湿することになります。

 

参考記事アトピーでもスイミングの塩素は大丈夫?通う3つの効果と注意点

 

幼児プールの注意点と対策②中耳炎など耳鼻に関すること

幼児と耳鼻の病気と対策については下記のとおりです。

  • アレルギー性鼻炎→プールの消毒剤などの刺激で症状が悪化することもあるので、症状がひどいときは耳鼻科で診てもらうようにしてください。
  • 急性中耳炎→プールには入らない!入ることで、痛みが増したり、発熱する可能性があります。
  • 耳だれ→耳鼻科で状態を見てもらい、医者から許可が出たら入るようにしてください。
  • 急性扁桃炎→プールには入らない!入ることで痛みが強くなったり、発熱する可能性があります。
  • 副鼻腔炎→耳鼻科に通院しながら、プールは可能なので、かかりつけ医に相談して入水の有無を検討していきましょう。

 

中耳炎はカゼや鼻づまりが原因なので、特別指示がなければ、入浴、シャンプー、プールは、普段通りにやってかまいません。耳に水が入って中耳炎になることはありませんし、悪化することもありません。予防接種も、熱や痛みがなければ、耳鼻科としては問題ありません。

引用:http://takahashi-ent.jp/cases_commentary/index2/

 

参考記事スイミングを風邪で休ませる基準!子どもが通えるのはいつからなのか

 

幼児プールの注意点と対策③プール熱

幼児(赤ちゃん)の風邪が治りかけで、まだ体力が戻ってない場合はプール熱に気をつけていきましょう。

プール熱(咽頭結膜炎)は、プールの塩素消毒が不完全の場合、汚染された水が結膜に入り感染します。

症状は下記の通りになりますので、この機会にプール熱について覚えておいてください。

 

咽頭結膜熱(pharyngoconjunctival fever, PCF)は発熱、咽頭炎、眼症状を主とする小児の急性ウイルス性感染症であり、数種の型のアデノウイルスによる。

発熱で発症し、頭痛、食欲不振、全身倦怠感とともに、咽頭炎による咽頭痛、結膜炎にともなう結膜充血、眼痛、羞明、流涙、眼脂を訴え、3~5日間程度持続する。眼症状は一般的に片方から始まり、その後他方にも出現する。

感染経路は、通常飛沫感染、あるいは手指を介した接触感染であり、結膜あるいは上気道からの感染である。プールを介した場合には、汚染した水から結膜への直接侵入と考えられている。

引用:https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/323-pcf-intro.html

幼児プールの注意点と対策④日焼け

幼児を日焼けから守るためには、日焼け止めが必須になります。

ただ、日焼け止めならなんでも良いわけではなく、

  • SPF50
  • 紫外線吸収剤未使用
  • 水に濡れても効果が持続するウォータープルーフ
  • 赤ちゃんの肌の潤いを保つセラミドとヒアルロン酸配合

これらを兼ね備えている必要があるので、幼児の日焼け止めなら『ピジョンUVベビーミルクウォータープールフ』です。

2018年の夏を家族で楽しめるおすすめプール3選

ママさんママさん

幼児とプールで遊ぶときに注意したいことは分かったから、次は親子で楽しめるおすすめのプールを教えてくれない?

 

スイスイセーバースイスイセーバー

うん、親子で楽しめるプールのお出掛けスポットを、

  1. 屋内プール
  2. 楽しめるプール
  3. 日本初!人工波を体験できるプール

この3つに分けて紹介していくね!

幼児と屋内プールで遊ぶならサマーランド

幼児と屋内プールで遊ぶなら、東京都あきる野市になるサマーランドがおすすめです。

サマーランドなら、屋内に幼児が遊べるプールがありますし、それ以外にも流れるプールや洞窟内にある温水スパを楽しむことができます。

今年(2018年)は6月から、土日限定で屋外プールが一部オープンされるので、一足早い夏プールを満喫するならサマーランド一択です!

【サマーランドアクセス:所在地 東京都あきる野市上代継600】

サマーランド

出典:https://www.summerland.co.jp

プール用オムツOK!幼児とプールを楽しむなら各種市民プール

プール用オムツOKのプールを楽しむなら、各種市民プールです。

各市が運営しているプールは、大規模プールと違い、

  • 料金や昼食代が安い
  • プール用オムツOK
  • 赤ちゃん用プール併設

これらのメリットがありますので、まず幼児とプールを楽しむなら各市運営のプールをおすすめします。

幼児と日本初のプールを体験するなら『Citywave』

2018年夏、東京品川(大井町)に日本初のウェイブプール『Citywave』がオープンされるのをご存知でしょうか。

ウェイブプールとは、人工的に波を作れるプールのことで『Citywave』は波のサイズを40センチメートルから130センチメートルの5段階に調整でき、子どもから大人まで楽しむことができます。

また『Citywave』は、複合スポーツエンターテイメント施設スポル内に設置されているので、ウェイブプールの他に7種類のスポーツを楽しむことができるのが特徴です。

 

幼児はウェイブプールの利用をできませんが、日本強いてはアジア初上陸の人口波プールのためご紹介しています。

 

人工的に波を作っているプールの動画】

出典:https://youtu.be/beyUIt3-U_8

参考記事【ウェイブプール】日本(東京)にCitywave爆誕!スポル品川大井町の特徴

 

幼児とプールで遊ぶなら持っておきたい3つの持ち物

幼児とプールで遊ぶなら持っておきたい持ち物は、

  1. ライフジャケット
  2. 水遊びパンツ
  3. テント

この3つになりますので、その理由と特徴をご紹介します。

幼児(赤ちゃん)に必要な持ち物①ライフジャケット

  • 海の事故から子供を守る
  • 浮き具と違い、風に煽られて外れない
  • 身長90セントメートルから150センチメートルまで対応可
  • 笛、腰ベルト付

幼児(赤ちゃん)に必要な持ち物②水あそびパンツ

  • 水に入ってもふくまらない
  • スリム吸収体なので、ずり落ちない
  • とっさのう◯ちもブロックギャザーでブロック
  • サイズを選べる

幼児(赤ちゃん)に必要な持ち物③テント

  • 5分あれば組み立てられる
  • 撥水加工(水を弾く)
  • 小さくまとまるので車への収納が簡単
  • プールだけでなくキャンプにも使える

参考記事【海水浴グッズランキング2018】品切れ続出!人気な便利アイテムまとめ

幼児のプールはいつから大丈夫なのか

ママさんママさん

ところで、幼児はいつからプールに入って大丈夫なの?できれば、その理由も知りたいんだけど・・・

 

スイスイセーバースイスイセーバー

幼児がプールで遊べる基準は、スイミングスクールと同じように考えてみてね。

つまり生後6ヶ月くらいからプールで遊ぶことはできるけど、施設によっては遊べる年齢の指定があるので、プールに行く前に必ず確認するようにしていこう!

幼児のプール事故を未然に防ぐために【元ライフセーバー体験談】

スイスイセーバースイスイセーバー

幼児のプール事故は主に、親が目を離した一瞬のすきに発生します。

例えば、私はライフセーバーをしていたころ、水深数㎝のプールで幼児が溺れる事故に遭遇しました。

「このくらいの深さで溺れることはないだろ」プールの水深が浅いところだと、このように思うかもしれませんが、プールの事故は水深数㎝あれば起こります。

プールの事故を未然に防ぐためにも、親は幼児から絶対に目を離さないようにしていきましょう!!

おわりに:幼児プールの注意点と対策【まとめ】

ベビースイミング

幼児とプールの注意点と対策をまとめると、

  • 塩素→皮膚についた塩素をシャワーで洗い流す、体が乾かないうちにクリームを塗り保湿させる
  • 中耳炎など耳鼻に関すること→医師に要相談する
  • プール熱→風邪の治りかけの時期は特に感染しやすいので、プールは控える
  • 日焼け→幼児用の日焼け止めを選ぶ

これらになりますので、プールで遊ぶ前にしっかり対策していきましょう。

 

また、毎年夏になるとプールの事故が多発します。

プールの事故は子どもから目を離した一瞬の隙に起こるのです。

この事故を未然に防ぐためにも、プールで遊ぶときの注意点と併せて、プールでは子どもから絶対に目を離さないようにしていきましょう!